FC2ブログ

はやたログ

ささいな日常のひとりごと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

9連休なんて方も多かった今年のGW。



decafさんは暦通りってことで、後半は4連休。





予定通り長野(田舎)で開催された
バルーンフェスティバルに行ってきました。





後半は全国的に天気は大荒れのスタート。




風も強く、突然の雷雨などコンディデョンは良くなかったけど
子ども達はそれなりに楽しめたみたい。





バルーン競技は早朝に行われ、その後は強風のため
試乗体験なども全てキャンセル。





でも一番楽しみにしていた、マスのつかみ取りは何とか開催。







DSC_0439.jpg





パラパラと雨が降る中、冷た~い池に入水。









DSC_0440.jpg







それでも2日間で6匹くらいゲット!









その後はバルーンのバーナー体験をしたり、







DSC_0436.jpg







ゴォーって炎が出ます、熱いです。







DSC_0434.jpg






次男君も恐る恐る・・・。







そして翌日の土曜日の長野よく晴れて
いろいろなアクティビティが楽しめたみたい。













・・・。





そんな晴れた朝、携帯にメールがあった。




高校時代から可愛がってもらって、卒業後も一緒にサーフィンしたり
して面倒見てくれていた、大好きな先輩が亡くなった。





つい前日も長野の様子をアップしたフェイスブックにもコメントを
くれたりしていたのに。





信じられなかった。




すぐに荷物をまとめて一人、帰った。





自宅へ向かう高速道路の車内はずっと
涙がとまらなかった。




その夜、お通夜があり変わり果てた先輩と対面した。








どうなってんの?ふざけんな。








どこに向かっているのかもわからない苛立ち。




こんだけ身近な人がいなくなる。




もっと話をしておけば良かったし、
もう一度サーフィンも一緒にしたかった。





ほんとに人ごとではない。





人はいつか必ず死ぬ。





今日かもしれないし、50年後かもしれない。




後悔のない人生なんてないと思うけど、
最後にまた先輩に教わった。





死の時期は自分では選べないという事。





アップルのジョブズの言葉ではピンとこなかったが・・・。






「今日が人生最後の日だと思って生きる。」






先輩の分まで毎日楽しんで生きていきます!





今まで本当にありがとうございました。
サーフィン続けます!











スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。