FC2ブログ

はやたログ

ささいな日常のひとりごと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日は七夕である。


子供の頃から七夕の度に聞かされていた、織姫と彦星のお話。



みなさん覚えていますか?





簡単に言うと、共に働き者だった織姫と彦星は
結婚したら夫婦生活が楽しくて働かなくなっちゃって
それに怒った天帝さまが天の川を作り引き離しちゃったお話。


でもちょっと可哀想だから、二人を会わせるために
年に1度だけ天の川に橋を架けてくれる日が七夕という訳。




うーん。




今考えると、夢がないというか現実的というか・・・。



最近の若者の話のような気がしてしまう。






微妙なお話にちょっとロマンチックな追加。




そんな七夕に雨が降ってしまうと、天の川の水かさが増して
渡る事ができなくなっちゃうらしく、二人は泣いちゃうんだって。



七夕の日の雨は織姫と彦星の涙なんだってさ。





そう思うと、今日の雨もちょっと愛おしく思えませんか?







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。